小学校受験の魅力についての紹介部屋

日頃からの準備が大切な小学校受験

子どもに出来るだけ良い環境で学習させてあげたいと、小学校受験を考える両親も多いことと思います。レベルの高い学校に合格するためには、一生懸命勉強をさせなければいけないと思いがちですが、決してそれだけでは合格することは出来ません。もちろん学力レベルが合格水準に達していることは必要ですが、受験を考えているレベルの子ども達の間ではそこまで大きな差は出ません。そのため学力以外のところで評価に差をつける必要があり、子ども達の普段の様子が分かるようなテストが実施されます。学校としてもただ勉強が出来るだけでなく、加えて人間性の豊かな子ども達を集めたいと考えるはずです。では小学校受験では一体どのような方法で、どのようなところを見られているのでしょうか。

学力試験の時から行動を見られています

子どもの様子を見られるのは面接の時だけだと思いがちですが、実は学力試験当日も試験官は子どもたちの様子をじっくりと観察しています。学力試験に気を取られがちですが、きちんと挨拶は出来ているかということや落ち着いて待っていられるかなど、そういった細かいところも見られています。礼儀作法や普段の行動は、付け焼刃で何とかなるものではありません。小学校受験をする年齢はまだまだ幼いですが、受験を考える場合はそれ以前からしっかりと教育をしておかなければいけません。子どもの行動がきちんとしているということは、普段から両親がしっかりと躾をしているということに繋がります。子どもの行動そのものだけでなく、子どもを通して両親の人間性も見られているということを肝に銘じておく必要があります。

集団テストでは色々な要素を評価されています

学力テストの他に集団テストを実施するというところもあります。この集団テストというものは、何人かの子ども達でグループを作り、「グループのみんなで相談して問題を解決する」「グループのみんなで協力して一つの作品を作る」などといった課題を与えられ、その過程を評価されるというものです。積極的に課題に取り組めているかどうかということや、他のみんなと協力して物事を進めることが出来ているかなどを見られます。単純なテストですが、子どもの性格やコミュニケーション能力、リーダーシップがあるかどうかなどを一度に見ることが出来ます。生まれつきの性格であることを除いて、普段の生活だけではこれらの能力を身につけることは難しく、場合によっては小学校受験専門の塾に通わせることも必要になってきます。